タウリンサプリランキング!選ぶなら日本製が人気!

タウリンサプリランキング!

タウリン=栄養ドリンク、と思う方も多いはず。確かにタウリンには、疲労回復の効果があります。というのも、「ホメオスタシス」と呼ばれる、体や細胞を正常に保つ作用があるから。これにより、血圧が高い時には下げるよう働いたり、肝臓の働きが落ちていたら戻そうとします。

 

特に肝臓へ働きかける作用は大きく、肝臓の働きや細胞の再生を促します。肝臓は代謝や解毒をする臓器。働きが落ちると、疲れがとれない、肌が荒れるなどの症状が。当サイトでは、肝臓を元気にするタウリンサプリをランキング。やはり日本製が人気のようです♪

 

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαは、牡蠣を贅沢に配合したタウリンサプリです。広島県瀬戸内海産のぷりぷり牡蠣から取った、濃厚エキスを濃縮して使用。牡蠣はタウリン含有量がほかの食品に比べダントツです。さらに亜鉛をはじめとした、肝臓によい成分も豊富。1日めやす3粒。ペルー産マカ、高麗人参をプラスして、牡蠣+αで疲労回復や巡りを強力にサポートします。牡蠣は苦手という方にも飲みやすいサプリになっています。

価格 980円
評価 評価5
備考 広島県牡蠣濃厚エキス濃縮

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、3つの厳選素材で肝臓によいタウリンサプリです。タウリンを豊富に含む牡蠣は、広島県産を使用しています。さらに長野県産ジャンボニンニクでスタミナ補給、和歌山県産の南高梅で疲労回復をサポート。1日1包(3粒)なので、持ち運びにも便利。お酒が抜けにくくなった、疲れが溜まるという方に、牡蠣&ニンニク&梅のちからを。5袋お試しセットもあります。

価格 980円
評価 評価4
備考 広島県産の牡蠣使用

 

海乳EXの特徴

海乳EXは、瀬戸内海産の牡蠣を配合したタウリンサプリです。手剥きされた瀬戸内海産の牡蠣を1袋に約155個も使用しています。タウリンが多い貝類のなかでも、牡蠣は含有量がダントツ。また亜鉛やグリコーゲンなど疲労回復によい成分も豊富です。1日めやす3粒。飲みやすいソフトカプセルなので、牡蠣が苦手という方にも。

価格 980円
評価 評価3
備考 瀬戸内海産の牡蠣配合

 

タウリン不足がもたらす健康リスク!

 

健康に良い効果をもたらしてくれると評判のタウリンですが、このタウリンは通常、食事を食べることによって体内で合成されていて、多くの臓器へその効果を発揮しています。ですが、最近になって食生活の乱れなどが原因で、タウリンの合成がスムーズにいかなくなり、タウリンが不足してしまう人が増えてきているそうです。

 

タウリンの摂取と健康にはどういった関係があるのでしょうか。日本で昔から食べられてきた和食に使われる食品は、魚などがメインで、タウリンもたくさん含まれていました。そのため、身体の中での合成もスムーズでタウリン不足が問題になることはありませんでした。

 

しかし、和食中心の食事から、欧米の食事習慣に変化するようになってきて、その影響でタウリン不足が問題になりはじめています。欧米人はタウリン不足かというとそういうわけではなく、体内のタウリンの合成能力が日本人と違っていて、違う食品をとっても必要な分が生成されているそうです。日本人の場合は、日本的な食事をしたときに効率的に合成することができるようになっています。

 

タウリンは身体の中で合成できる栄養素ではありますが、スムーズに合成ができなくなったことで必要な量に追いつかないのです。一日に必要なタウリン量の目安は、3000mgから6000mgといわれていて、食事から摂取できる量は50mgから多くても250mg程度であることが多く、全然足りていないのです。

 

タウリンが不足した場合は、動脈硬化など、生活習慣病といわれる病気のリスクが高くなってしまい、そうした病気から合併症として現れる病気は最悪、命にかかわってきます。

 

タウリン不足は肝機能の低下ももたらしてしまうので、脂質を消化する機能や吸収をする機能が弱まってしまって体の代謝能力に大きな影響を与えます。

 

また、目の網膜にもタウリンは存在していて、タウリンが不足してしまったときには網膜の機能障害が起きるリスクが向上します。他にもタウリン不足によって脳が興奮してしまい、てんかん発作や不安、多動などにもつながってしまうこともあるそうです。このように、タウリン不足によって体の諸機関に重篤な事態が起こってしまうリスクがあるのです。

 

タウリンの1日の目安摂取量はどれくらい?

 

タウリンは体に効果的な機能を発揮する栄養素ですが、その摂取方法は、食事もしくはサプリメントで摂取する方法が一般的です。さて、一日に必要なタウリン量は一体どのくらいなのでしょうか。

 

不足分を補うために積極的にタウリンを摂取するのなら、どれだけ足りていないのかがわかっていないと話になりません。ですからまず、必要摂取量について確認してみましょう。

 

食べ物を通してタウリンを摂取するのであれば、ひとつの目安は50mgから250mgというふうに考えられています。とはいっても、食事で摂取する場合には、熱である程度のタウリンが分解されるので、少し多めに摂る必要があります。

 

タウリンは多様な効果があり、それだけ体のあちこちで使われますから、疲れている人や効果を特に実感したい人であれば大目に摂取するようにしても問題ありません。

 

多めに摂取することを考えるなら、一日に500mgか、5g程度摂取したとしても問題はありません。食事だとあれこれ食材を考える必要があるので、それが難しく感じてしまう方はサプリメントの活用がおすすめです。

 

サプリメントなら一日に必要なタウリン摂取量を計算するのも簡単ですあし、飲む量も目安がはっきり書かれているので難しくありません。そして、タウリンは実はたくさん摂りすぎてしまったとしても問題がない栄養素です。

 

量が多かったとしても、余剰のタウリンは尿と一緒に体外に排出されるようになっていますから、不要なものが体内に残って必要以上の負担がかけてしまうこともありません。基本的に、体の中には余ったタウリンが残ることはありません。

 

必要な分は体の中でどんどん使われ、余れば体外に排出されますから、余計な心配をすることなくタウリンはどんどん摂ってしまって大丈夫なのです。

 

不足するといろいろ問題も起こりますから、多すぎるくらいをいつもイメージして、身体にしっかりと効果が出るように積極的に摂取するように心がけましょう。

 

タウリンを摂るならサプリが手軽

 

栄養剤などに入っている成分として有名なタウリンですが、タウリンを摂取する場合には、一日の食事からだけでは十分な量のタウリンを摂取することは難しいです。

 

毎日料理を考えるのも大変ですし、料理ができたとしてもタウリンが含まれている食品を毎日食べ続けることは難しいというのが実情です。

 

そんなときに活用したいのがサプリメントで、忙しい方でも手軽に摂取できますし、消化も良いようにできていますので吸収力も高いです。何より、料理の手間や工夫をしなくていいのがうれしいですよね。

 

タウリンのサプリメントは、錠剤タイプのものが摂取しやすくて良いでしょう。錠剤タイプは、ドラッグストアでも一般的に販売されていますから、入手も難しくはありません。錠剤タイプの場合、タウリンが主成分となっているものと、成分として含有されているものと二種類がありますので、どういった目的でタウリンを摂取したいのか考え、適当と思われる含有量のものを摂取すると良いでしょう。

 

あまり見かけないかもしれませんが、タウリンには錠剤タイプだけでなく粉末タイプのものも存在します。タウリンの粉末タイプのサプリメントは無味無臭のものが多いので、それほど飲みにくさもなく、そして他の様々な飲料に混ぜて飲むことも可能です。錠剤タイプよりもタウリン含有量が多くなっていることが多く、少し高めの価格設定になっていることもしばしばです。

 

含有量が多い分、タウリンをしっかり補給できますので、よりたくさん摂取して体質改善をはかりたいという方にとってはこちらの方が有効でしょう。

 

こうした粉末タイプは、一般のお店で市販されていることは少ないので、購入したい場合はインターネットなどを使って探した方が簡単に見つけられると思います。ただし、製品の説明についてはよく読んでから購入するようにしましょう。

 

タウリンの効果は色々

 

タウリンは体の強壮に役立つ成分ですが、これは魚介類などに多く含まれるアミノ酸の一種で、人間の身体に良い作用をもたらしてくれる成分です。

 

タウリンは身体の中の臓器などに与えてくれることは知られていますが、その詳細がすべて明らかになっているかというとそうではないようです。

 

タウリンが人間に対して有用に働きかける効果で、最も有名なものが、肝臓などの臓器への作用です。特に、肝臓に蓄積された脂肪を減らし、脂肪肝の改善・予防に有効ということで、肝臓の機能を最大限に引き出す効果があることが知られています。その他にもタウリンには多くの効果があることが確認されています。たとえば、

 

・高血圧を改善させて予防させる
・脳卒中の予防
・糖尿病の改善と予防
・胆石の予防
・気管支ぜんそくの改善
・アルコール障害の改善
・不整脈の改善

 

などなど、タウリンによる多くの効果が確認されています。他にも、血中コレステロールの量を抑制する働きがあることでもタウリンは注目を集めていて、さらには結合することによって胆汁にもタウリンが存在することが可能で、脂肪を乳化させる働きがあるとして、医薬品などとしても使われるようになっています。

 

疲労回復や視力回復などへの効果は知られている通りで、栄養剤としてもよく使われています。子供が病気になってしまったとき、親は心配して一生懸命看病しますが、看病疲れもどうしても出てしまって睡眠不足になりがちです。子供が小さいうちは、気管支も細く弱いため、気管支ぜんそくを併発したりなど厄介なこともあるので気が抜けません。

 

そんなお子さんに対してもタウリンは有効で、気管支収縮を予防する効果もあるため、気管支ぜんそくも改善させる効果があることがわかっています。食事からでもタウリンは摂取できますから、子供だとしても摂取することが可能です。もしも気管支ぜんそくを持つお子さんがいる場合は、改善食としてタウリンを含む食品を増やしてみると良いでしょう。栄養剤などは過剰になりやすいので、子供には食品から取り入れるのが良いと思います。

 

タウリンは合成より天然モノがおすすめ!

 

タウリンには天然タウリンと合成タウリンがあるのですが、今回は天然タウリンについてご紹介していきたいと思います。

 

天然タウリンは、その名の通り、天然の素材に含まれるタウリンのことを指す言葉です。タウリンは様々な食材の中に含まれている一般的な栄養素ではありますが、特に魚介類の中にタウリンの含有量が多いということが知られています。

 

タウリンは熱に弱いので、調理をすると煮汁にタウリンが溶け出してしまいますが、その性質を逆に利用して煮汁からタウリンを抽出して、健康補助食品などに使用されているものが天然タウリンを利用した製品として販売されるようになっています。

 

タウリンは魚介類だけにあるのではなく、牛の胆汁から抽出することが可能です。ですから、天然タウリン配合と言って販売されている製品の多くは魚介類か牛の胆汁から抽出したものを使用しています。

 

現在の日本においては、天然タウリンは添加物として使用されています。そして意外に思われる方もいるかもしれませんが、乳児用粉ミルクにも配合されています。

 

一般的にタウリンは体内で合成することが可能な成分ではあるのですが、乳児の場合はタウリン合成機能が十分に発達していないためにタウリンを補ってあげる必要があるのです。ですから、粉ミルクに配合して外部から補給するようにしてあげています。

 

天然タウリンは「天然」という言葉がついているのでわかりやすく、自然に存在する天然由来の成分であることがわかりますよね。「天然」というだけで安心感が違いますから、天然タウリンと合成タウリンのどちらか一方を選択できるなら、多くの人が天然タウリンを選択したくなると思います。

 

しかし天然タウリンそのものは良い物であったとしても、天然タウリン100%のサプリメントはあまり多くはなく、合せていろんなものが含まれていることがほとんど。その場合は、一緒に含まれているものに気を付けなければなりません。

 

いくらタウリンが安全な物質といわれていて、天然タウリンが配合されていたとしても、その他に体に良くないものが含まれていた場合には決して身体に良いとは限らないのですから、注意するにこしたことはないのです。

 

タウリンと一緒に摂りたい栄養成分は?

 

タウリンは単体でも体にとって良い効果を多くもたらしてくれるのですが、他の栄養素と組み合わせることによってより多くの健康効果を得ることができます。

 

タウリンと相性がいいのは、アミノ酸やDHA、そして、ビタミンB1、B2、B6、カフェインなどがあります。そのため、栄養ドリンクにはこうした成分が多く入っています。

 

タウリンもDHAも魚介類に多く含まれているものですから、自然な相性のよさもあり、体にとって良い効果を両方とももたらしてくれます。どちらもコレステロールの分解効果が高いため、血流の改善に特に効果的です。

 

ビタミンB群は体内でタウリンを合成するためにも使われ、また栄養の代謝を助ける働きがあるので、肝臓の調子が落ちている場合にも有効な成分です。

 

カフェインは栄養ドリンクにも多く含まれているのですが、タウリンが持っている疲労回復効果と、カフェインのもつ発奮作用の組み合わせが非常に良いからです。短期的にはカフェインの効力によって元気になるようにさせ、その間にタウリンの作用が徐々に効果を発揮して疲労を回復させ、エネルギッシュな状態を作り出すのです。

 

タウリンが豊富な食材としては牡蠣が有名ですが、亜鉛やビタミンB群などの栄養素が豊富で、これらもまた相性が良く、肝臓の状態の改善にも有効です。

 

自然界の栄養バランスは非常に優れたものが多く、これらをマネして作られているサプリメントも多いのだそうです。良い栄養の組み合わせを考えて、効果的にタウリンを利用しましょう。

更新履歴